心の治療は自分のペースで

うつ病発症のリスクはすべての人にあるので対策しよう

うつ病の症状

女医

うつ病の回復にはそれなりの時間や本人に合った治療方法が必要になります。簡単に考えていると健康の回復を遅らせたり病状を悪化させたりしてしまうので、真剣に考え回復に向けて全力を注ぎましょう。

View Detail

組み合わせた治療方法

女性

うつ病の発症はストレスや過労など人によって様々ですが、頑張る人に多いと言われています。そのためそのまま見過ごしていると病状を悪化させてしまう恐れがあるので、気になる場合は専門の医療機関に相談しましょう。

View Detail

うつ病を発症しやすい現代

看護師

人間が生きていく上で必要なのが衣食住ですが、その環境が揃ったとしてもうまく生きられないことがあります。現在はストレス社会と言われていて、多くの人が心身の両面で疲れ切っているかと思います。情報化や国際化の波が押し寄せ変化についていけない人は少なくないでしょう。昔に比べうつ病の発症リスクが高まっていると言えます。24時間年中無休営業のコンビニが全国にでき、便利になった反面生活リズムの乱れも気になります。仕事の内容も昔と大きく変わり、コンピューターと一日中向き合う業務や高度な技術を必要とする専門の作業などが増えてきているかと思います。若く体力や気力のある人であっても、求められるスキルがどんどん高くなっていることで生きづらさを感じやすくなっているでしょう。うつ病は、心と体を健やかに保つエネルギーが減少してしまう病気です。戦後の高度経済成長期のように物を大量生産することやサービスに特化した仕事を行なおうにも、現代社会は既に消費精算の流れが飽和状態とも言われています。また、ものづくりやサービスの仕事をこれまで続けてきたという人でさえ、常に進化するシステムの導入によって職を追われるということも珍しくありません。機械化は利便性を高めてくれた半面、人と人とのコミュニケーションや一日の時間の使い方も大きく変えてしまいました。あくせく働くことに疑問を持っている人やシンプルに生きることを望んでいる人にとって、必要以上のシステムに管理された社会は窮屈に感じるかと思います。お金を使わずともゆっくりくつろげる場所として自然がありますが、環境破壊や都市化が進んだことでそうしたエリアもどんどん減少しています。心身を休めることのできない都会では、うつ病を発症する人の割合が多くなっているため、自ら緑のあるところに足を運んだり、リラックスできる方法を見つけたりしなくてはいけません。うつ病は神経質な人がなりやすいというイメージを持っている人も少なくないかと思いますが、感情をうまくコントロールできず喜怒哀楽を表に直ぐ出してしまうという人や完璧主義の人、自己否定や逆に自信過剰の人もなりやすいというデータが出ています。これは理想と現実のバランスが崩れたときに対処したり、適応したりしていく能力があるか、また支えてくれる関係性のあるひとが周りにいるかどうかでも発症のリスクには差が出てきます。人間皆、体調や気持ちにはその人のリズムがあるため、無理をしてしまうのは良くありません。頼れる人や目標になる人がいなければ心身の気力を回復させることは難しくなるので、信頼できる人との関係を大切にしていくことが大事と言えます。

治療期間中の生活費

メンズ

うつ病になって心配なのが、生活費の確保についてでしょう。生きていくための治療期間を十分設け治療を行なうには、傷病手当金の受給制度があります。事前に確認しておくと安心なので、医療機関や全国健康保険協会などに聞いて申請の準備をしておきましょう。

View Detail

復帰のタイミング

婦人

うつ病の治療は、専門クリニックなどで投薬治療やカウンセリングを受けることが有効です。不安で眠れない場合や自分のペースを保てないというときも、十分な治療期間を取りしっかり心身を休めることが必要です。

View Detail