復帰のタイミング|うつ病発症のリスクはすべての人にあるので対策しよう
女性

うつ病発症のリスクはすべての人にあるので対策しよう

復帰のタイミング

婦人

うつ病の原因は人それぞれなので、それを調べて健康を回復するにはそれなりに時間が掛かります。問題の根本原因を見つけ、自分に合った治療方法を取っていかなければならないからです。うつ病になるきっかけは自分のペースを維持できなくなったときや、物事の意味が見えなくなったときに多いと言われています。治療を焦って早く職場に復帰したいと思っていても、しっかり治さなければ再び状態を悪化させてしまうでしょう。そのため復帰に向けた治療期間について医師と相談して、できるだけ納得いくようにした方が良いと思います。うつ病の治療は投薬治療とカウンセリング、療養の3つを様子を見ながら行なっていくので、ある程度の期間が必要です。復帰のタイミングを見るサインがいくつかあるので、それがあれば復帰に向けたリハビリを行なっていきましょう。サインは以下のようなものです。昼寝をしないで昼間ずっと起きていられること、睡眠がきちんと取れていて朝無理なく起きられること、食事を摂ったり軽く運動したりできること、長時間の作業にも耐えられ仕事の意欲があることなどです。完全復帰は少なくとも平均1年を要すると言われているため、焦らず計画的に治していくことが大事になってきます。不安や焦りを解消する試みを自身や周りの人と共に行なっていくと効果的と言えるでしょう。近年は医学でも香りが人間にリラックス効果をもたらすことが知られています。マッサージやヨガを行なう際に用いても、場の雰囲気をフレッシュにし緊張を緩和してくれるでしょう。アロマテラピーの用品は専門店で見つけることができるので、探してみると良いかも知れません。リラックスと不安緩和、安眠などにはジャスミンやラベンダー、レモングラスなどの香りが良いとされています。うつ病の治療を行なっているクリニックでは、カウンセラーによる様々なリラックス方法の紹介もあるので、治療の助けになるものを積極的に聞いてみると良いでしょう。カウンセリングには色々な方法が取り入れられています。うつ病の原因が幼少期などにある場合にその原因を知るために、退行催眠を行なうこともあります。深層心理にある悩みを自覚することで、それを解決していくことができるので、興味がある人は受けてみても良いかも知れません。うつ病の治療は復帰までに時間が掛かりますが、リハビリを1つ1つ行なっていくことでストレスに強い心にしていくことができます。無理をせず自分のペースを取り戻していきましょう。