治療期間中の生活費|うつ病発症のリスクはすべての人にあるので対策しよう
女性

うつ病発症のリスクはすべての人にあるので対策しよう

治療期間中の生活費

メンズ

うつ病になった場合は回復に向けてしっかり休養を取ることが何よりも大事です。うつ病は心の病と思っている人がまだまだ多いのが現状ですが、過労などの肉体的な無理が原因になっていることもあります。病は気からと言いますが、体も心も放っておいて良くなるものではありません。根本的な原因を解決するためにはそれだけ時間が掛かるため、治療期間中の生活費について悩んでいる人がほとんどでしょう。生活が苦しくて無理をして働きうつ病を発症した場合は尚更です。具体的な解決策が見当たらずに絶望して命を絶つ人は少なくありません。ライフラインを維持し、うつ病患者の生命を守るためにいくつかの方法があります。その1つとして傷病手当金があります。傷病手当は病気や怪我で仕事を休むことになった際に健康保険から手当がもらえる制度です。この傷病手当はうつ病も対象なので、有効に利用することで生活費の心配をせずに安心して治療することができます。傷病手当は4つの条件を満たしている場合に受け取れるので、それに該当しているか確認しましょう。挙げられている条件は、療養中であること、労務に服するができないこと、4日以上仕事を休むこと、会社から給料が支払われていないことの4点です。そして気になるのが、生活していけるだけの受給額であるかということが挙げられます。傷病手当の金額は1日単位で計算されます。標準報酬月額を元に計算されていて、これは毎月会社が年金事務所に届けている従業員の1ヵ月の給与の平均値です。治療が必要な期間に生活に必要な額が支給されるので、しっかり治療に専念できます。傷病手当金の額を計算する場合は標準報酬月額を事業主に確認しましょう。会社の事務担当者に訊けば教えてくれます。傷病手当金の支払期間は1年6ヵ月を限度に支給されます。支給が開始された日から1年6ヵ月の間で一時職場復帰などで資格喪失があった場合は、1年6ヵ月の期間が終わるまで再び継続して受給することができないため注意が必要です。つまり一時復帰のために資格喪失になると、その後再度仕事に就くことができない状態になったとしても、傷病手当は支給されないということです。うつ病は短期間で治すことは難しいため、十分な治療期間を確保して支給を受けることが大事になります。傷病手当をもらいながら効果的に治療を行なっていくには、うつ病の診断が出たときに治療にどのくらいの期間と費用が掛かるのかを医師に確認し、長期に渡る場合は傷病手当金の申請に必要な証明などがもらえるか聞いておくと安心です。そして長期の治療になる場合は、会社に相談したり全国健康保険協会や年金事務所などに確認したりして、傷病手当の受給申請書を取り寄せることが必要になります。